<< 弁護側は有期刑求める=2人強殺事件が結審−裁判員評議開始・鳥取地裁(時事通信) | main | 火災 住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.06 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


市場拡大再算定、最大で18%の薬価引き下げ―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省によると、来年度の薬価改定で「市場拡大再算定」の実施対象となる医薬品5成分8品目のうち、最大の薬価引き下げ率は、中外製薬の抗がん剤ハーセプチン注射用60の18.0%となる。また、国内製薬最大手の武田薬品工業の主力品、2型糖尿病治療薬アクトス錠15、同30は、それぞれ14.2%、14.1%の引き下げとなる。

 市場拡大再算定の対象となる8品目の薬価は、▽武田薬品のアクトス錠15が14.2%減で84.60円、同30が14.1%減で158.00円▽ノバルティスファーマの抗がん剤グリベック錠100mgが12.1%減で2749.00円、抗がん剤タシグナカプセル200mgが14.6%減で4607.20円▽ブリストル・マイヤーズの抗がん剤スプリセル錠20mg、同50mgが共に14.6%減で、それぞれ3897.30円、9214.20円▽中外製薬のハーセプチン注射用60が18.0%減の2万3992円、同150が17.9%減の5万6110円―となる。


【関連記事】
薬価改定影響率、最高は大日本住友の9%強
新薬創出加算の対象は337成分624品目、目立つ外資系
未承認薬への対応「新薬開発を阻害するものではいけない」
9割の医師が新薬の14日処方制限を問題視
医療用医薬品市場、7.2%の高成長

<郵便不正>石井一参院議員、関与を否定 証人出廷(毎日新聞)
<地デジ>難視聴地域対策 NHKが追加助成申請(毎日新聞)
大津波・津波警報 北海道・根室市3363世帯に避難指示(毎日新聞)
女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意(産経新聞)
小6ら4人、「小遣い不足」とひったくり 72歳女性のカバン奪う(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2011.05.06 Friday
  • -
  • 02:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
サイドビジネス
携帯ホームページ
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM